お役立ちネタ」カテゴリーアーカイブ

「バッテリーのメンテナンスが要らなくてすごくいい」

こんにちは。
先日弊社イチオシのBYD社製リチウムイオンバッテリー搭載リフトをご購入頂いたお客様に
インタビューをさせて頂きましたので内容を掲載いたします↓↓


ワールド運輸岩井社長 と BYDフォークリフト

ーBYD社製フォークリフトご購入された経緯をお教えください。

新設の倉庫で使うリフトを探していたところ、バッテリーが長時間持つリフトを扱っているというスズヒロさん主催の展示会の案内を見て興味を持ち、実際現物を見て決めました。

―実際に使用してみた感想は如何でしょうか?

実は鉛バッテリーのようなバッテリー液の補充作業が要らない事が何よりも気に入っています。 本当に面倒な作業で、怠ればバッテリー故障になり買換えに100万円くらいしますしね。 水代も掛かるし、スタッフも補充は得意ではないので、時間がかかったり、水をこぼしてバッテリーの表面が汚くなったり、水を入れすぎて溢れ出てきてしまったり…。
とにかく頭の痛い問題でした。 その点このリフトは全く補水の必要が無くなるので本来の業務に集中することができ非常に助かっています。

―その他には?

充電回数が少なくて過充電にならないところがいいですね。 鉛バッテリーのリフトだとずっと使っていると持たない為、短い休み休みにちょこちょこ充電するわけですが その際に過充電でバッテリーを痛めてしまうのも気になっていました。

―運転操作等に関して現場の評価は?

実際、電池が長時間持つし評価は良いですよ。 ただ、起動に7秒くらいかかる点など、年配者は操作にまだ慣れないようで「乗りづらい」という声もあります。
でも使っていればすぐ慣れますよ。

―ご好評を頂きありがとうございます。
弊社は車体のメンテナンス等で素早い対応を心掛けますので
今後ともよろしくお願いいたします。
この度はご出演誠にありがとうございました!

 

BYD社製リチウムイオンバッテリー搭載リフトについて

★謹賀新年★

明けましておめでとうございます。
スズヒロは本日より通常営業となっております。休みボケに負けないよう社員一同朝から気合を入れて業務に取り掛かっております!

今年も精進してまいりますので、何卒よろしくお願いいたします。

 

 

 

年末年始お休みのお知らせ

いつも大変お世話になっております。
誠に勝手ながら、弊社では下記の通り年末年始の休業となります。

12月28日(金)午後~1月6日(日)
来年も皆さまにとって良いお年になるようお祈り申し上げます。
どうぞ良いお年をお迎えください。そして本日は12月25日ですので、メリークリスマス!

 

ついに四輪仕様のBYDフォークリフト入荷!

こんにちは。
スズヒロが2年前から導入しお客様へ推薦しているBYD社製フォークリフトがございます。
今回弊社で「日本初」で待望の四輪タイプのBYDフォークリフトを入荷されましたので
発表いたします。
すごく安定感があり、弊社の整備士も「乗りやすくなった!」と絶賛しております。

そもそも、なぜ弊社はBYDフォークリフトをお勧めしているかというと、
ずばり以下の3点の理由によります。

① 【LPガス燃料のエンジン車両の代わりになる】

稼働時間がめちゃくちゃ長く(バッテリー超長持ち)、昼夜稼働する現場に全然使えます。
しかも満充電は2時間程度の短時間(休み時間にちょこちょこ充電でもOK)。
つまりLPガスボンベ搭載リフトの騒音や排ガスが無くなります。(ガスボンベ保管倉庫も」

② 【バッテリー液が要らなくなる】

個人的にも好きではないのですが、従来のバッテリー式フォークリフトはバッテリーの
各セルに精製水を定期的に補充する必要があります。
この手間と時間とやり忘れた時のリスクが一切要らなくなります。
特別なメンテナンスも無く、現場から大好評です。

③ 【意外と安い】

これだけすごいリフトだから相当お値段がするのでは?という懸念はあるかと思います。
現に某日本メーカーが開発したリチウムイオンバッテリー搭載フォークリフトは1500万円
くらいすると伝え聞いています。
その点、BYD社製の価格は従来の鉛バッテリーフォークリフトの1.3~1.5倍程度です。
(しかもバッテリー耐用年数は従来の鉛バッテリーの2~3倍なので長い目でみれば相当お得)
そんな良い事ずくめのBYDフォークリフトですが、今まで3輪タイプしか提供しておらず、
お客様からは「小回りは効くけど4輪と比べると安定感無い」と少し敬遠されていました。

ですから、今後この四輪タイプが現場に大きなメリットをもたらすと期待しており、
市場をひっくり返すポテンシャルはあると思っております。

このBYDフォークリフトにご興味がございましたらお気軽にスズヒロまでご連絡くださいね!



スズヒロHPトップページ

フォークリフトのナンバー(公道走行等)について

●フォークリフトはナンバーを取得して公道を走れるのか?
●公道で作業できるのか?
弊社ではお客様よりこのようなご質問を頂くことがあります。
実際にナンバーが付いている車両もよく見かけますが、取得に関してどのような制限があるかについて、弊社社員が一覧表にまとめましたのでご参照ください。

区分  /  車体等 小型特殊 新小型特殊 大型特殊
農耕車以外 農耕車両
長さ(m) 4.70m以下 4.70m以下 制限なし 制限なし
幅(m) 1.70m以下 1.70m以下 制限なし 制限なし
高さ(m)
マストを下げた状態での最高位
2.00m以下
※2004年7月の法改定でヘッドガード部分に限り2.80m以下
2.80m以下 制限なし 制限なし
最高速度(km/h) 15km/h以下 15km/h以下 35km/h以下 農耕車:35km/h以上
その他:15km/h超
総排気量 制限なし 制限なし 制限なし
車検 不要 不要 必要
自賠責保険 農耕車は不要
その他は必要
農耕車は不要
その他は必要
必要
運転免許 小型特殊自動車免許
又は普通自動車免許以上の上位免許
大型特殊自動車免許 大型特殊自動車免許
地方税 軽自動車税 軽自動車税 固定資産税
ナンバー申請先 市町村役場 市町村役場 車検場
※参照
トヨタ製リフト仕様での区分け
型式にLの付いた車両
かつ2段3mマスト以下、または3段4.3mマスト以下
型式にLの付いた車両
2段3.5mマスト以上
または3段4.5m以上
型式にLが付いていない車両、もしくは3.5t以上の車両


取得に関しての問題点等
トヨタなら型式にLがついていないリフトはナンバー取得は難しいです。
(他メーカーにLと同様の仕様がありますのでディーラー等にご確認ください)

●小型特殊・新小型特殊取得
・型式にLが付いているリフト  例:トヨタ 8FGL15
新車&中古   →   問題無くナンバー取得可

●大型特殊
・Lが付いていないリフト
新車 → 車検通して取得(比較的可能)
中古 → 車検通す為の難易度及び費用がかかる

・3.5t以上の大型リフト
新車 → 車検通して取得(比較的可能)
中古 → 車検通す為の難易度及び費用かかる

ナンバー取得をしても下記をご注意ください。
・公道では荷役作業はできません。
※フォークリフトは道路交通法上、所轄警察署長の道路使用許可を受けている場合以外は公道で
の荷役作業はできません。
※工事や緊急時等一時的な公道での荷役作業は、申請すれば実施できるようですが継続的な作業
の申請は通らない可能性大です。
・公道では荷を積載しての走行はできません。
・公道ではけん引走行はできません。
・作業灯を点灯したままでの公道走行はできません。
・規定の免許を取得せず公道を走行していた場合、無免許運転となり、免許取り消しとなります。

以上今回はフォークリフトのナンバー取得についてでした。

フォークリフトのご購入はスズヒロフォークリフトまでお気軽にご相談ください。
http://www.suzuhiro.co.jp/sale.html

だるまさんの目!

こんにちは。
突然ですが、商売繁盛で様々なゲン担ぎや祈祷などされていますでしょうか?
特に経営者の方にその傾向が強いかと思いますが、スズヒロもゲン担ぎは大好きでございます。

この度、当社スズヒロは前期(2017年10月-2018年9月)もお蔭様で目標売上を達成できました。
また、少しづつですが従業員も増えており、会社の成長を実感しております。

上記を記念してこの度、商売繁盛のだるまさんの目を入れさせて頂きました。
これは、当社社長が商売繁盛を願って毎年年初に長野県の善光寺で購入するものなのです。

 

では、まずは社長の一筆!

メカニックの一筆!

今年入社した事務社員の一筆!

 

出来ました。

どーんっと力強いお顔をされていますね!
今期ももちろん目標達成できるよう頑張ってまいります。

今後ともスズヒロをよろしくお願いいたします!

 

スズヒロHPトップページ

フォークリフトを高価で買取ります。

こんにちは。スズヒロフォークリフトの鈴木です。

今回は弊社がお客様よりご好評を頂いているフォークリフト高価買取について紹介いたします。
フォークリフトを買取ってほしいというお客様はどういった事情が多いのでしょうか?

フォークリフトを使わない業態に変更なった。一部倉庫閉鎖したから。新車フォークリフトに買替えする等様々なご事情があります。
その中で多いのお問合せは、廃業される企業様からです。
後継者不足が主な原因のようです。日本全体の中小企業に差し迫っている課題に弊社サービスは直面しております。

廃業だからとやむを得ず弊社にご連絡を頂くのですが、弊社としましては短いながらもご縁を大切に
また新しい門出を少しでもサポートさせて頂くべく精一杯お値段を付けさせて頂いております。

先日も、お客様が普段お付き合いのあるディーラーさんから買取価格1万円だと提示された車両を見させて頂き、弊社は25万円の査定額を提示いたしました。
お客様は非常に喜ばられて「本当にその額でいいんですか? ありがとうございます」とお礼を頂きました。
少しでもお役に立てたのではとこちらも非常に嬉しく感じました。
引き取らせて頂いたフォークリフトは年式も古くは無かったので整備・塗装して弊社のレンタル車両として活躍してもらう予定です。
持ち主であったお客様の思い出も引き継ぎ、大切に使用させて頂いただきます。

フォークリフトは20年前以上前のものでも状態が良ければ価値はあり弊社は精一杯査定させて頂きます。
もしも諸事情により不要になってしまった場合お気軽にお問合せ頂ければ幸いです。

⇒フォークリフト高価買取

 

 

置きリフト特別車両案内 500㎏ バッテリー式小型リフト 100vコンセント可! 

大好評のスズヒロオリジナルサービス 【置きリフト】 で
お勧めの車両を入荷しましたのでこの度はご紹介させて頂きます。

※リフトとしては超小型
しかも三輪タイプなので小回りも効き、狭いスペースでも活躍できます。
※最大荷重500㎏

安全を考慮して400㎏程度の荷を一度に運べます。
※マストの揚げ高が2500㎜
 標準(3000㎜)より低めになりますがトラックの荷下ろし程度なら問題無いと思います。
※100vの家庭用コンセントを使用可
一般的バッテリーフォークリフトに必要な200vコンセントが不要なのでお気軽です。

是非ご検討ください!詳しくはお問合せ頂ければ幸いです。

スズヒロHPトップページ

【ぶつからないリフト】開発しています!


【ぶつからないリフト】のセンサー試作品

こんにちは。スズヒロフォークリフトです。
今日はスズヒロが現在開発中の「ぶつからないリフト」をちょっとだけご紹介させていただきます。
まずはフォークリフトが原因となる労働災害事故、1年間にどれくらい発生しているかご存知でしょうか。じつは平成29年1年間でフォークリフトが原因となる死傷災害で1997名の方がお怪我をしたり、お亡くなりになっております。

では、この数字は過去と比較して減ってきているのだろうか。平成28年が1977名、平成27年が1890名、平成26年が1898名、平成25年が1904名、記録が残る一番古い年、平成13年が2621名でありました。平成13年から比べると減ってはおりますが、直近5年間の数字を見るとその数は増減を繰り返し、たいして減ってはいません。

むしろ近年は増えています。

事故防止対策として、各企業様は決して手を抜いているわけではありません。ソフト面の対策として、運転されるオペレーターさまや、工場の作業車様への安全教育。フォークリフト本体であるハード面では、例えば黄色回転灯、常時ヘッドライト点灯や、最近の流行りですが右側の青色安全灯と呼ばれるスポットライトによってリフトの接近を知らせたりする光による衝突回避策であったり、前後進ブザーや音声アナウンスによる音による衝突回避策を講じていらっしゃると思います。

このような対策を施しながらも労働災害数は一進一退を繰り返している。これはつまり、人間は運転操作をついつい油断してしまったり、音や光にはそのうちに慣れてしまう、こういった問題があり、事故を起こさないという現在の対策の限界がこの1997名という微増の原因なんだと思います。

安全教育、絶対に必要です。ないがしろにするべきものではありません。まず教育をもって一人ひとりの安全に対する意識のレベルアップを絶えず図っていく。

その安全教育にプラスして、スズヒロはリフト本体に人を検知する仕組みを作りました。それは赤外線レーダーを搭載し、接近する人に対して音、もしくは光でオペレーターに知らせることができる装置。音と光じゃさっきと同じじゃないか、違うんです。先に紹介したのは常時作動しているから慣れてしまうんです。これは人を検知したときのみオペレーターにお知らせするから慣れないんです。これがスズヒロが開発中の「ぶつからないリフト」となります。

最初にご覧いただいた労災による死傷者数、1997名。どういった状況で発生してしまったかという数も出ています。1位はさまれ・巻き込まれ、2位激突され、これはいずれもリフトが他の人を巻き込んでしまった分類です。これだけで労災全体の66%を占めています。つまり事故撲滅を目指して、この「ぶつからないリフト」には労災事故の最大66%が削減できる可能性があります。事故が減るとどうなるか、御社の職場環境がより安全に変わり、働く方がより安心して働ける環境が生まれます。事故のより少ない会社、無事故で1日が終わることのできる会社、ご家族が安心して送り出せる会社、そんな会社がこの社会に増えていったら楽しいじゃないですか。

現代は急速に少子高齢化が進んで、フォークリフトを使う現場はどこも人手不足です。そのため、先日の国際総合物流展でも自動化・無人化に対するアイディアがたくさんありました。スズヒロは製造業、物流業の良きパートナーとして、日本のものづくりの下支え役として、わくわくさせる商品を形にしていきます。まだまだ開発途中ですが、このシステムが一日でも早く事故削減につながることを願ってます。

スズヒロHPトップページ