月別アーカイブ: 2015年7月

ものづくり補助金は採択されてからが本番!

こんにちは。
スズヒロフォークリフトの鈴木です。

以前ものづくり補助金採択をされた件を報告させて頂きました。
→ 「ものづくり補助金の採択を受けました!」 

ものづくり補助金公募の採択確率は約40%ほどでして申請も結構大変でしたが、実は採択されてからの方がもっと大変です^^;
と言いますのも「採択」は補助金交付の決定というわけではなく、更に「交付申請」という新たな申請及び審査が待っています。
これは、公募時に申請した内容を精査した「交付申請書」及び関係書類を提出し申請します。
そこで審査をされた後に交付が決定します。審査に通らない企業も有るようです。

※更に交付決定後事業実施、そして完了してからも5年間は必要書類を提出する義務があります。
ざっくりとですがものづくり補助金は下記のようなフローになります。

①公募申請(5月初旬)
②公募採択(6月下旬)
③交付申請(8月下旬まで)
④交付決定(申請後2~3週間)
⑤遂行状況報告(随時)
⑥中間監査(随時)
⑦事業の完了(採択から約1年後)
⑧実績報告
⑨確定検査
⑩補助金額の確定
⑪振込(採択から約1年半)
⑫事業完了後5年間報告義務

「国から補助金をもらっている事業」というのは資金や売り文句としても大きなメリットがあります。
でも実際はいろいろ提出書類があり結構大変です。これら書類の作成労力や、刻々と変わる市況に対応している企業にとって臨機応変に動けなくなるという悲鳴も聞きます。

ですが当社は、ものづくり補助金を前向きに捉えております。一番は新規事業をやっていく上でのブラッシュアップになると考えているからです。
今回は弊社だけで完結する事業ではなく協力会社と動いていく必要があり、どうしてもスケジュールが受け身になってしまったり自社でコントロール出来ない不確定な要素が多いわけです。
また、既存事業の売上も拡大しており日常業務にも忙殺されがちです。
そこでこのものづくり補助金に申請する事でスケジュールや役割分担、製品及びサービス内容の価値やターゲット明確化がされます。
新規事業が強制的にブラッシュアップされていったわけです^^
ちなみに11月開催の中部地区最大級の展示会メッセナゴヤ2015に出展予定です。こちらも強力なモチベーションになっています。

というわけで、これからが本番の新製品及びサービスですが、社員一丸となって頑張ってまいりますので宜しくお願いいたします!

スズヒロは「全日本学生フォーミュラ大会」参加チームを応援しています。

こんにちは。
スズヒロフォークリフトの鈴木です。

この度当社スズヒロフォークリフトは「全日本学生フォーミュラ大会」参加チームを支援する事になりました。

「全日本学生フォーミュラ大会」は御存じですか?私は知りませんでした汗
参照URLはこちら⇒ http://www.jsae.or.jp/formula/jp/

 

要するに、理工系の各大学・学部が参加する自作レーシングカーによるレーシング大会です。
毎年開催で、将来の自動車産業を担う人材を育てる事を目的とした公益活動との事。
スポンサー企業も日本を代表する錚々たる企業が並んでおり、きちんと運営されている活動だとわかります。

当社としましても、彼らの成長が地域産業発展への貢献になる。また、地域に限らず世界に羽ばたくような人材に育って頂きたい。
そういった思いで協力させて頂く事になりました。
本年9月に大会が開催されますが、そこまでのプロセスや結果を見守る事が非常に楽しみです。

彼らの進捗を見守る中で非常に感心させられるのは、「ゴールから逆算して予定を組みPDCAを回しながら確実にこなしている」という点です。
これは事業や業務を遂行していく上で、非常に大切な事ですよね。
もちろん彼らは、そういったカリキュラムになっているのだと思いますが、先人たちの失敗から多くを学んで、設定したゴールを明確にイメージしているからそこ実行出来るのだと思います。
その意味で自分は、きちんとゴールをイメージ出来ているか?共有できているか?そしてスケジュールを意識しているか?と個人的に反省をさせられております。
彼らへの支援を通して我々も成長する機会を与えて頂けたと実感しております。

下記当社スポンサード先である地元東海地方の大学です↓

名古屋工業大学フォーミュラプロジェクト

meikoudai

岐阜大学フォーミュラJSAEプロジェクト

gifu

 

今後も可能な限り、このようなCSR(企業の社会的責任)に取組んでいこうと考えております。
支援をご希望される団体等ございましたらご連絡ください! (当社の業種柄、興味があるのは工業系ですが^^)