フォークリフトで近未来なプロダクト開発を支援!

(CARTIVATOR提供)

こんにちは。スズヒロフォークリフトの鈴木です。

今回はトップに近未来な乗り物の画像を張らせて頂きましたが、これは一体何なのかということを説明をさせて頂きます。

 

いきなりの質問ですが、将来空飛ぶ車が実用化されたら貴方はどう思いますか? 

私はすごい!面白い!乗ってみたい!と純粋に思います。
まるでドラえもんの漫画の世界のように感じる夢のような素敵な乗り物だと。

現実世界にはもちろん存在しないのですが、なんと現在それを開発している団体が我が豊田市に存在するのです!しかも本気で取り組んでいらっしゃいます。

そう、上記画像は、その成果物のイメージ画なのです。

このプロダクトを開発しているのは『有志団体「CARTIVATOR」』という組織です。彼らはそれぞれ個々の仕事に従事しながら、夜間や週末の時間を使い開発に勤しんでいる熱い有志たちで構成されているのです。

そしてなんと2020年の東京五輪開会式の聖火点灯で利用してもらう大きな目標を立てているのです。このプロダクトが空を飛んで聖火点灯なんて、非常にわくわくしますね!

関連記事:http://cartivator.com/news

 

そんな彼らを大小様々な企業が支援しています。そこで、この度当社スズヒロフォークリフトも微力ながら支援させて頂くことになりました。

具体的には開発関連の荷物のトラック積み下ろしで使うフォークリフト本体及びそのフォークリフト運搬を無償提供いたします。

弊社は常々革新的な取り組みをさせて頂いている性質上、このような取り組みを知り得たからには大いに賛同してしまうのです。

ということで、さっそく3月3日に無償提供させて頂きました。

提供場所は「ものづくり創造拠点SENTAN」という、ものづくりには打ってつけの施設の中です。
見せられる範囲内でということでスズヒロのフォークリフトの納車場面撮影の御許しをもらいました↓

秘密基地感がありますね。 メンバーの方たちと少しお話したのですが、各方面のプロフェッショナルが集まっている感じで頼もしく、かつ楽しそうな雰囲気が印象的でした。

そんな彼らに当社のフォークリフトが少しでもお役に立てるのならば非常に誇らしいことです。実際は技術的、法律的に様々なハードルがあり課題は多いのだろうなと感じています。
それら大変なこともあるでしょうが、力強く乗り越えて新しい世界を創造して頂ければと願っております!
将来実用化されたら是非購入して飛んでみたいですね。すごく高そうですが笑

以上、今回は当社が支援させて頂いている「空飛ぶクルマ」についてでした。