月別アーカイブ: 2018年9月

国際物流総合展2018に行ってきました!

先週、国際物流総合展2018に行ってきました。
2年に一回の物流の祭典で、毎回様々な発見があります。

今回は物流で弊社が気になったことや新しい発見についてご紹介いたします。

【スギヤス】
Bishamonブランド有名なこちらの企業さんですが、
中国のEP(E-P EQUIPMENT JAPAN ㈲)という会社も間借りして出店していました。


リチウムイオンバッテリー搭載のハンドリフトやウォーキーが新鮮ですね。
価格もリーズナブルなので現在弊社でも取り扱おうか検討中です。

【トヨタL&F】※写真撮影NGにて写真無し。
物流業界の雄であり、日頃ライバルでもあり、大変お世話にもなっている
トヨタL&Fさんのブースです。毎回一番大きいブースです。
・改善と安全に取り組んでいくとのこと
・水素燃料のフォークリフトが、マストを下げる時にも充電できる回生機能を搭載。
・自動運転もでき、かつ途中で人が乗っての操作また人による遠隔操作も可能なリーチフォークリフトのデモ車展示
など改善や未来を感じさせる取り組みをされていました。

【BYD】
弊社もフォークリフトを導入している中国のトップEVメーカーであるBYDです。


この度、新型リチウムイオンバッテリーのリーチフォークリフトがお披露目されていました。
所感としては・・・
・トヨタ車と比べて一回り大きい
・作業者が前方の視界を確保するためにセンターシリンダーが真ん中よりずれている
・3本レバーで真ん中のレバーがチルトとサイドシフト兼用となっている
(ボタンを押しながらでチルト)
・パーキングブレーキが点いている。
などです。
彼らの強みはリチウムイオン搭載で稼働時間が長く充電が短いことです。
今回開発されたリーチ式も細かい部分で日本のユーザーに合わせて改良されていくと思います。
楽しみです!
その他、他メーカーさんなどで自動走行車両実演など、業界で自動化が進みつつあると
感じさせてくれる内容が多くみられました。
ただ今回お話しを聞く中で、実用化には至ってないケースも多々ありました。
例えばAMAZONのようなコンシューマー向けの物流倉庫では自動化の進歩が速いのですが、
自動車部品のような重量物に対する自動化はまた時間がかかるのかもしれません。
引き続きウォッチしてまいります。

以上今回は国際物流総合展についてでした。

スズヒロHPトップページ